2013年6月13日木曜日

MMANA-GAL basic v. 3.0.0.31 日本語化

 MMANA-GAL basicは
 http://hamsoft.ca/pages/mmana-gal.php
から、downloadして、インストール。
(WindowsXP)
Setupで日本語を選択します。
















日本語の文字化けがあります。
 表示>FONTポンタ
フォント名:MS UI Gothic を選択します。



















正常に日本語が表示されます。
                                                                   Windows8でもOK


3 件のコメント:

  1. WinXPとWin8ではご紹介の手順で日本語化が可能なことは確認しています。
    しかし、私の、Win7_HP_SP1の環境では、そうは問屋が卸してくれませんでした。

    不具合状況;
    1)新規インストール直後は英語で立ち上がる。
    2)言語、フォント指定で日本語化できる(若干の文字化けアリ)。
    3)一旦mmana-galを終了して再度起動すると、文字化け率が大幅アップで発生(殆ど)
    4)前2)に移り、以下同じ。
     同じフォントを指定すると文字化けのまま変化は無いので、違うものを指定するのがコツ。指定フォントは何でも良い。

    起動する都度に「違うフォント指定操作」では利用に耐えません。しかも、若干の文字化けが残るので、英語表示で使っているほうがストレスがありません。

    で、解決策ですが、
    1)言語リストをテキストで開いてjapaneseの記載順を確認する。先頭をゼロで数える。
    2)言語ファイルjapaneseを開いて、先頭にある数字(デフォルトは3桁のはず)をこの記載順に書き換える(一桁でもよい。しかしリストを書き換えれば、応じて変更が必要)。
    3)mmana-galを起動して言語選択、フォント指定を行う。日本語フォントであれば文字種は問わない。
    後は再起動しても日本語表示が有効となり、文字化けは無い。

    日本語化の未対応と言うのではなく、日本語化ファイルの適用手順の不備、のようです。
    しかし、WinXPやWin8ではうまく動作していることとの差は不明のままでした。

    返信削除
  2. 柏崎さんありがとうございます。
    Windows 7 Professional SP1でやってみました。
    インストールしてSetup>Language>Japanese
    表示>Setup>”文字化け”>Font フォントをMS UI Gothicに設定
    まだ、ツール>ユーザプログラム>ユーザプログラム設定 などの文字化けがあります。
    Japanese.mmn ファイルの先頭を
    932 を 1 に変更して、再起動で文字化けがなくなりました。
    2や3を入れても文字化けです。
    Mmnlanguage.txtのでのJapanese.mmnの順番は気にしませんでした。
    値の932は、Microsoftコードページ932のような気もします。

    返信削除
  3. kaiyanotakoさん ご確認の上のご返信ありがとうございます。
    Mmnlanguage.txtの記載順を確認したところ関係ありませんでした。
      但し、順番を変える都度、言語の再設定が必要でしたが…
    両者を同時に変えて成功したため、関係アリ!と誤認したようです。
    Microsoftコードページは他のいくつかを確認してみましたが、どれもダメでした…文字化けのまま。
    「何も記入しない」と「スペース」は最悪で、起動時からエラーで、閉じることもできない、と言う…
      タスクマネージャーで強制終了しかありません。
    結局のところ、「1」と言うのは「偶然の当たり発見」でしかなかったようです。

    返信削除